事前に確認しておこう!

学生時代とは異なる、社会の話。

学生と社会人の決定的な違い

これから就職して仕事を始めると言う際に良くある疑問が、学生と社会人の違いとは何か、と言うものです。日々の生活の中でこのような疑問について考える機会は少ないため、即座に答えられる人は少ないかもしれませんが仕事を行う上では非常に重要となってきます。

両者の違いを一言で言うならば、お金を払うのかお金を貰うのかの違いです。まず学生の場合は学校に授業料と言う形でお金を払い、授業と言うサービスを受けます。それに対し社会人の場合は何らかのサービスをお客様に提供し、その対価としてお金を貰います。

このように、こちらからお金を払いサービスを受けるのか、サービスを施してお金を貰うのか、と言うお金の流れる方向性が異なります。学校と言う性質上、色々な規則があるとは言え、学生の場合は基本的に授業と言うサービスを受ける側であり、その点に関する責任はありません。

しかし社会人になると話は大きく変わってきます。お客様からお金を受け取る以上、それなりのサービスを提供しなければなりませんし、またそのサービスに関する責任を負う必要があります。

もし商品を販売した際、その商品に欠陥があったならばお客様に対し謝罪をしなければなりませんし、なぜ欠陥が発生したのかを説明する必要もあります。今後同じような失敗を繰り返さないよう対策を考える必要もあるでしょう。

このように学生と社会人の間には非常に大きな違いが存在しており、仕事をする上で両者の違いを意識することによって、より良い対応が行えるようになるかもしれません。